2011年06月16日

キジムシロ

キジムシロ

バラ科キジムシロ属の多年草。
バラ科ということで分かるようにミヤマキンバイの親戚ですね。
見た目は、そっくりなんだけれど葉っぱが違う。
今回の八間山で一番目立っていたのが、こいつです。
名の由来は、黄色いムシロ説。キジが休むムシロ説。どっちが本当なのか?
雉筵と書く人もいれば、黄地筵と書く人もいる。


110615-52.JPG

110615-53.JPG

110615-54.JPG
ラベル:キジムシロ
posted by 風 at 12:29| キジムシロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コバイケソウ

コバイケソウ

ユリの仲間です。そして毒草です。
北アルプスファンには、おなじみの高山植物ですね。
ユリ科シュロソウ属で、けっこう背は高くなります。
花は、かわいらしい白い花。

110615-55.JPG
ラベル:コバイケソウ
posted by 風 at 12:27| コバイケイソウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンレイソウ

エンレイソウ

 うちの庭にも普通にあります。浅間高原にはたくさんあります。
 ユリの仲間で、ユリ科エンレイソウ属です。

 中国では延齢草根と呼ばれて、胃腸薬や催吐剤などに使われましたが、毒草です。食べてはいけません。これはコマクサなんかにも言えることで、結核に効くと言われて乱獲されたりしましたが、コマクサも毒草でした。こいつは、主に日陰に咲いていることが多いのですが、私が生まれた佐渡島では、どういうわけか、海岸の砂利に咲いていたりもしましたから、高山植物なのか何なのか、よくわからない存在です。まあ、昔は、漢方薬として、あちこちで栽培されていた可能性はあるんですけれど。

110615-50.JPG

110615-51.JPG
ラベル:エンレイソウ
posted by 風 at 12:27| エンレイソウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカモノ:イワハゼ

アカモノ:イワハゼ
 ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木。
 山野草愛好家の間では、シラタマノキのことをシロモノと呼ぶのに対して、
 赤い実を付けるためアカモノと呼ばれていますが、
 もともとはアカモモが転化してできた名前です。

 木の仲間で、酸性土を好みますから、浅間山にも多くみられます。
 コケモモと間違う人がいますが、葉っぱをみると違ってますね。
 八間山にはアカモノが多く、コケモモが少なかったりします。

110615-15.JPG

110615-16.JPG

110615-17.JPG

110615-18.JPG

11-6-19-01.JPG
posted by 風 at 10:14| アカモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イワカガミ

イワカガミ
 イワウメ科イワカガミ属。
 高山植物には珍しく多年草。
 葉っぱが、手鏡に似ているというのでこの名になりました。
 笹藪の登山道によく咲いています。
 人間たちと共生してますね。
 痩せた土地に多いですね。
 登山道や瓦礫帯や火山火口におおいです。


110615-22.JPG

110615-23.JPG

11-6-19-04.JPG
ラベル:イワカガミ
posted by 風 at 10:13| イワカガミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イワナシ

イワナシ
 ツツジ科イワナシ属の常緑小低木。
 1cmくらいのナシのような実がなりますが、甘くて美味しく、お酒にすることもできます。

110615-19.JPG

110615-20.JPG

110615-21.JPG
posted by 風 at 10:11| イワナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コケモモ

コケモモ

 ツツジ科スノキ属の常緑小低木。
 浅間高原だと雑草のように生えてます。
 こいつは寒さに強いために北海道の知床なんかに多いですね。

 樹高は10-40cm程度で、直立した幹はぎっしりと密集しています。日陰で湿度が高く、また土壌が酸性の場所を好みます。多くのツツジ科の植物と同様、栄養分の少ない土地でも耐えられるが、アルカリ性の土壌では生育できません。耐寒性にすぐれ、-40℃以下でも耐えることができる一方、夏が暑い場所では生育しにくい。

 寒冷地に生育する広葉樹には珍しいことに、冬でも葉を落としません。地中の根茎を伸ばすことで株が拡大します。

110615-14.JPG
ラベル:コケモモ
posted by 風 at 10:11| コケモモ(苔桃) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマクサ

コマクサ
 ケシ科の多年草。
 厳しい環境に生育する事から「高山植物の女王」と呼ばれています。
 しかし、これは毒草。
 食べると嘔吐・体温の低下・呼吸麻痺・心臓麻痺になります。
 美しい女王様には毒がある?
 ちなみに花の形が馬 (駒) の顔に似ていることから名前がついています。

110615-24.JPG

110615-25.JPG

110615-26.JPG

110615-27.JPG
ラベル:コマクサ
posted by 風 at 10:08| コマクサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シラネアオイ

シラネアオイ

110615-01.JPG

110615-02.JPG

まず野反湖に到着。
車を駐車したとたんにビックリ!

目の前にシラネアオイが!
分かります?
写真の右下ですよ!

110615-03.JPG


シラネアオイは、キンポウゲ科シラネアオイ属の多年草。
日本固有種種です。
しかも1属1種という珍しい高山植物です。
コマクサと同じくらい人気のある高山植物です。

そのせいか末端価格で1万円もします。
実際、シャクナゲ園で、その値段で売られていました。
それが8万株もあるというから、驚きますね。

あ、遊歩道のあちこちにシラネアオイがある!

110615-04.JPG

110615-05.JPG

110615-06.JPG


しかし、こんなことで驚いていては、いけなかった。
八間山の登山道の登頂に、8万株のシラネアオイの群生地があった。
もう、目が点。


110615-07.JPG

110615-08.JPG


これ、みんなシラネアオイ。
いやー、すごいのなんのって!

110615-11.JPG

110615-12.JPG

110615-13.JPG
ラベル:シラネアオイ
posted by 風 at 10:07| シラネアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

オトギリソウ(弟切草)

オトギリソウ(弟切草)

 オトギリソウ科オトギリソウ属 の多年生植物。この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺したという平安時代の伝説によるものである。この不吉な伝説のため、付けられた花言葉も「怨み」「秘密」と縁起が悪い。基本的には薬草であり、タカノキズグスリ(鷹の傷薬)、チドメグサ(血止め草)などの悪いイメージのない異名も持つ(同様に民間療法で傷薬として使うチドメグサは別種に存在する)。

 日本全土から朝鮮半島、中国大陸の草地や山野に自生する。高さ20cm〜60cmにまで生育し、夏に2cm程の黄色い花を咲かせる。葉の表面に褐色の油点が見られるが、これはヒペリシンという光作用性物質で、これを摂取した後に日光に当たると皮膚炎や浮腫を生じる。またオトギリソウにはタンニンが多く含まれており、全草を乾燥させたものを小連翹(しょうれんぎょう)と称して生薬として用いる。
 
 
10719-2-58.JPG
posted by 風 at 18:39| オトギリソウ(弟切草) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イワシャジン(岩沙参)

イワシャジン(岩沙参)

 一見するとツリガネニンジンに似ていますが、イワシャジン(岩沙参)です。キキョウ科ツリガネニンジン属です。シャジンは漢字で沙参と書き、ツリガネニンジン(釣鐘人参)の漢名。またはその根の生薬名です。ツリガネニンジンは山間の平地でみらますが、こちらは、本白根山などの岩場に見られるのでイワシャジンとなったらしいです。

 ツリガネニンジン属には、この他にイワシャジン・ソバナなどがありますが、判別は簡単です。まず、ガクが反って、とんがっていれば、イワシャジンかツリガネニンジンのどちらかです。ソバナは、ガクが反っていません。

 で、あとは葉っぱで区別します。ツリガネニンジンの葉っぱは、1ヶ所から放射状に生えているのに対して、イワシャジンは細い葉が交互にはえていますね。これで区別します。
 
 
10719-2-56.JPG

10719-2-55.JPG
posted by 風 at 18:37| イワシャジン(岩沙参) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コマクサ(駒草)

コマクサ(駒草)

10719-2-51.JPG

 ケシ科コマクサ属の多年草。日本では北海道から中部地方の高山帯の砂礫帯に分布している。常に砂礫が動き、他の植物が生育できないような厳しい環境に生育する事から、明治時代の文士で放浪の作家と言われた大月桂月が北海道の大雪山で初めてこの花に逢って感動して
「高山植物の女王」
と呼びました。コマクサの名前の由来はその花の形が馬 (駒) の顔に似ていることが由来となっている。

10719-2-54.JPG

 ちなみにコマクサは高山植物の中でも先駆植物として、何も生育していない厳しい環境の土地に最初に根づく植物として重要な役割を担っています。その土地の養分が豊かになると、やがて他の植物に譲り、別の土地に移転しなければならない過酷な運命を背負っています。

 5cmほどの小さな花で、葉は根生葉で細かく裂け、白く粉を帯びます。花期は7月。花茎は10〜15cmで淡紅色の花を咲かせる。花弁は4個で外側と内側に 2個ずつつく。外側の花弁は下部が大きくふくらんで、先が反り返り、内側の花弁はやや小さく、中央がくびれ、上端は合着している。萼片は2個で早く落ちる。他の植物が生育できないような砂礫地に生えるため、地上部からは想像できないような50〜100cmほどの長い根を張る。

 双子葉類の植物だが子葉の発達が悪く、子葉は一個しか出ない。昔は、花の美しさよりも薬草としての価値が高く、古くから腹痛の妙薬として知られていた。しかし、実際のところは全株が有毒。ディセントリン、プロトピンなどを含み、中毒症状としては嘔吐・体温の低下・呼吸麻痺・心臓麻痺がみられる。

10719-2-52.JPG

10719-2-53.JPG
posted by 風 at 18:36| コマクサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キンレイカ(金鈴花)

キンレイカ(金鈴花)

 一見するとオミナエシにそっくりなのですが、葉のつきかたや、花の形でキンレイカ(金鈴花)ではないかと思われます。ただし、キンレイカ(金鈴花)もオミナエシも、本当によく似ているので、区別はつけがたいですね。

 キンレイカ(金鈴花)はオミナエシ科オミナエシ属。花期は7〜8月で山地の岩場などに生育。本州(中部地方以北)、九州に分布する多年草。ハクサンオミナエシの変種で花冠はハクサンオミナエシよりも、やや大きく 直径は7mmほどで、長さが3mmほどの距があります。生育地は、母種のハクサンオミナエシは日本海側に多く見えるのに対し このキンレイカは太平洋側に多く見れます。
 
 
10719-2-57.JPG
posted by 風 at 18:36| キンレイカ(金鈴花) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タカネニガナ(高嶺苦菜)

タカネニガナ(高嶺苦菜)

10719-2-61.JPG

 平地に生えるニガナの変種で、亜高山帯〜高山帯の岩場に生える多年草。茎は高さ5-15pと小型で、枝を分ける。頭花は体の割に大きく直径2pほどで、日が差さないと花を開かない。舌状花は8-10個あり鮮やかな黄色である。屋久島・四国・本州・北海道の亜高山帯〜高山帯の砂礫・岩礫地に生育します。茎は細く、高さは10〜20cm。花期は7〜8月で、枝先に黄色い花を数輪つける。花弁は9〜10枚。

10719-2-60.JPG

10719-2-62.JPG

posted by 風 at 18:35| タカネニガナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)

 ツツジ属シャクナゲ亜属の低木。北方性のシャクナゲで、北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯まで分布する。樹高は、亜高山帯では3mほどにもなるが、ハイマツ帯では環境が厳しいため50cmにも満たない場合がある。花は白から淡い紅色で、内側に薄い緑色の斑点がある。亜高山帯の暗い針葉樹林内を彩る代表的な花である。葉の裏が白いので簡単に他のシャクナゲと区別できます。
10719-2-59.JPG
posted by 風 at 18:33| ハクサンシャクナゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミネヤナギ(峰柳)

ミネヤナギ(峰柳)

 別名:ミヤマヤナギ。ヤナギ科ヤナギ属。中部地方以北の高山や亜高山に生育するヤナギです。深山柳・峰柳で、生育地の様子から名付けられました。低山〜高山帯の林縁などに生え、茎の高さが30〜200センチになる落葉小低木。雌雄異株で雄花と雌花がある。雄しべの葯が黄色い雄花がよく目立ち、小さな花を穂状に密につける。1個の花には2個の雄しべがある。雌花は、果実が熟す頃に目立ち、裂開して柳絮(リュウジョ:綿毛を持ったヤナギの種が、綿のように飛び散るもの)が舞う。秋には鮮やかに黄色く色付いて良く目立ちます。

IMG_3156.JPG
posted by 風 at 10:52| ミネヤナギ(峰柳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロマメノキ(黒豆木)

クロマメノキ(黒豆木)

 ツツジ科スノキ属。別名アサマブドウ。しかしブドウでは無く、豆でも無い、ブルーベリーです。上信越あたりの高山には至る所に群生していますが、特に国立公園内は採取禁止。

 北半球の寒帯に広く分布し、北海道、本州の亜高山帯以上にはえるツツジ科の落葉低木。高さ30〜60 cm、よく分枝し、葉は互生、倒卵形で、大きさは環境により変わります。夏、枝先に数個の花をつけます。

 スノキ属(Vaccinium)とはツツジ科に属する植物の属。植物体は低木になるものが多く、また果実は漿果となり、甘酸っぱく熟します。クランベリー、ブルーベリー、コケモモ、ビルベリー、ハックルベリーといった欧米で果樹として利用されてきた植物を多く含みます。日本産のシャシャンボなども、子供の野遊びのときのおやつとして古くから食用にされてきました。約450種があり、北半球の寒い地域に分布するものが多いです。他の多くのツツジ科の植物と同様、酸性土壌を好みます。
IMG_3154.JPG
posted by 風 at 10:44| クロマメノキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コケモモ(苔桃)

コケモモ(苔桃)

 ツツジ科スノキ属の常緑小低木。果実を食用としますが、栽培されることは稀で、野生のものを採取するのが一般的です。自然での生育地はユーラシアの北部や北アメリカの周北林で、温帯から北極圏に近い地域まで分布します。 樹高は10-40 cm程度で、直立した幹はぎっしりと密集しています。森林に生育するため、日陰で湿度が高く、また土壌が酸性の場所を好みます。多くのツツジ科の植物と同様、栄養分の少ない土地でも耐えられますが、アルカリ性の土壌では生育できません。耐寒性にすぐれ、-40℃以下でも耐えることができる一方、夏が暑い場所では生育しにくいです。

IMG_3151.JPG

 コケモモはこうした寒冷地に生育する広葉樹には珍しいことに、冬でも葉を落としません。地中の根茎を伸ばすことで株が拡大します。初夏に長さ約6 mmの釣り鐘型の白い花をつけ、果実は直径7 mmほどで秋に赤く熟します。

 コケモモとクランベリー(ツルコケモモ)はよく混同されますが、花が白く、花冠が部分的におしべと柱頭を囲っている点で異なる(クランベリーの花はピンク色で、花冠が後ろに反り返っている)。また、果実も球状で、クランベリーほど洋ナシ型にはなりません。コケモモと同じように果樹として利用されるスノキ属の植物としては、ブルーベリー、ビルベリー、ハックルベリーなどがあります。

IMG_3108.JPG

 野生のコケモモは非常に酸味が強いため、通常は砂糖などで甘みを加えて調理し、ジャムやコンポート(砂糖煮)、ジュース、シロップなどとして食用にします。コケモモのコンポートは肉料理の添え物とすることがあります。コケモモは有機酸、ビタミンC、βカロテン、ビタミンB類の他、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンを含みます。

 葉には、尿路感染症に効くアルブチン 、メチルアルブチンなどの化学物質を含み、日本や北アメリカにおいては薬草として利用されます。

IMG_3152.JPG
posted by 風 at 10:30| コケモモ(苔桃) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギンリョウソウ(銀竜草)

ギンリョウソウ(銀竜草)

 シャクジョウソウ科の多年草(新エングラー体系ではイチヤクソウ科に、APG分類体系ではツツジ科に含める)。腐生植物としてはもっとも有名なものの一つ。別名ユウレイタケ。千島列島、樺太、朝鮮半島、中国、台湾に分布し、国内では日本全土に分布します。

 森林の林床に生え、周囲の樹木と外菌根を形成して共生するベニタケ属の菌類とモノトロポイド菌根を形成し、そこから栄養を得て生活します。つまり、直接的にはベニタケ属菌類に寄生し、究極的にはベニタケ属菌類と共生する樹木が光合成により作り出している有機物を、菌経由で得て生活しています。古くは周囲の腐葉土から栄養を得ていると思われていて、そのように書いてある著作も多いですが、腐葉土から有機物を得る能力はありません。

 地下に短い地下茎と太く絡まりあった根から成る塊があり、花が咲く以外にはその姿は地上では見られません。4〜8月ごろに地下から花茎を伸ばし、最大約15cmまで伸びる。花茎は多数が集まって出て、色素はなく全体が透けた白色。茎には鱗片状の葉を多数つけますが、これも透明感のある白です。枝分かれせず、先端に一輪の花をつけ、マルハナバチなどが訪花して受粉に与ります。

 花は横からややうつむきに咲き、全体は円筒形。先端がやや広がります。やはり白ですが、若干赤みを帯びることもあります。花の先端からは雄蘂と雌蘂の先端が見えます。雌蘂の先端は円形でやや平たく、青みを帯びるのが際立って見えます。花期が終わると地上の植物体は黒く変色し、液果をつけます。
IMG_3102.JPG
posted by 風 at 10:20| ギンリョウソウ(銀竜草) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツマトリソウ(褄取草)

ツマトリソウ(褄取草)

ツマトリソウ(褄取草)は、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。APG植物分類体系では、ツマトリソウ属はヤブコウジ科に移されています。和名の由来は、花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているため。

茎の高さは10-15 cm。葉は茎に互生し、茎の上部に輪生状につきます。葉の形は広被針形で、先が尖り、葉身は長さ2-7 cm、幅1-2.5 cmになります。花期は6-7月で、先端の葉腋から花柄を伸ばし、白色の径1.5-2 cmの花を上向きにつけます。花冠は7弁に分かれて咲き、雄しべは7個、雌しべは1個あります。

日本では北海道、本州、四国に分布し、亜高山の草地、半陰地、林縁に自生します。世界では、北アメリカ、ヨーロッパ、シベリア、アラスカ、朝鮮半島等の温帯及び寒帯に広く分布します。
IMG_3094.JPG
posted by 風 at 10:17| ツマトリソウ(褄取草) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。